コーヒーのみのお店ランブルコーヒー




こんにちは。篠太郎です。

東京でコーヒーと言えば、銀座にあるランブルコーヒーが有名ですね。

エイジングコーヒー、ネルドリップは飲んだことなかったのでわくわく。

最近、コーヒーの化学とゆうブルーバックスから出版されてる本を読んでから、ランブルさんが気になってました。

せっかく東京に来たので、足軽に立ち寄ってみました♪

東京メトロの銀座から徒歩5分程度。

GoogleMAPで誘導されながら到着。

昭和感あふれるお店で、すぐわかりました。(^^)

12時開店で、並んでるかな〜と思ったら結構空いてました。

店に入るなり、すぐに冷たいお冷を持ってきてくれました。

外が暑かったのでありがたや。

でも、カウンターに座りたかったけど、店の人にテーブル席に誘導されちゃって残念。。

とりあえずメニューを。

★星マークはエイジングコーヒー。

エイジングコーヒーとは、焙煎する前の生豆を、10年くらい熟成させたものを焙煎してコーヒーを淹れます。

今日は酸味系の豆が飲みたかったからエチオピアに。

本当は暑かったから、アイスコーヒーが飲みたかったんですが、ホットのみとのこと。

注文すると、すぐにネルドリップで淹れてくれました。

写真が微妙なんですが、油分あります。プレスよりかは少な印象。

ドリップだと、油分がカットされてあっさりしてるんですが、ネルドリップは口当たりがなめらかでした。

ほんのり甘みも感じます。

水も柔らかかったので、こだわってるんでしょう。

うまい。

続いて、エイジングコーヒー。

イエメンは飲んだことなかったので、イエメンモカに。

エスプレッソグラス程度の量。

ほのかにチョコレートを感じさせる、甘みが鼻から通り抜けていきました。

僕はテイスティングとか、味覚や嗅覚で見分けることはできないんですが、スターバックスとかでガブガブ飲むコーヒーとは全然違います。

めちゃくちゃ美味しい。

量は少ないのに、幸福感、満足感が半端ないです。

日によって、エイジングコーヒーもメニューに書いてるけど、置いてない日もあるそうです。

豆も購入してみました。

100g単位で、その場で真空パックに。

飛行機のるので、ありがたいです。

近所の豆屋だと、ただの袋がよいのですが、仕方ないですね。

支払い方法は現金のみ。

僕の感想としては、コーヒーは美味しい。でも、アルバイトの子に怒ったり、スタッフ同士がおしゃべりしたりして、ちょっとうるさかったなぁ、と思いました。優しいんですがね。

逆に言えば、賑やかで楽しいですけど。

まだランブルに行ったことない方、コーヒーが好きな方には、一度は行ってほしいお店でした。(^^)